アンティグラビティフィットネス本部

ビューティ・ペルヴィス

日常で生かす!!真央先生WS 満席にて♡

2016.02.29

毎回大人気の上村真央先生のワークショップ開催しました!

 

『初めてのヨガ解剖学とハタヨガを学ぶ ワークショップ 』

 

海外で活躍する真央先生。
真央先生の神秘的なヨガオーラに包まれて・・・
満席のスタジオで皆様真剣に楽しみながら学び&実践

 

12769641_763525380446040_852325132_n

 

「初めてのヨガ解剖学」
まずは座学
骨盤と背骨の構造と役割
腰椎、胸椎、頸椎
必要な腰と首のS字カーブ

 

やはり現代人は座ったまま目を駆使していてS字カーブがつぶれている事が多い
そうそう、(リアル~な私のように(笑))デスクでPcをたたく、スマホをいじる・・・
前傾姿勢
当然、首、肩、腰に負担がかかりすぎ
前傾になった重い頭を支えている首
その首の根元で頑張っている肩
座位の状態で前傾の上半身全体を支えている腰
想像してみてください
見事にS字カーブがつぶれていますよね

 

そして筋肉の役割
骨は筋肉で支えられています
理科室の骨骨ロックは上からフックでつり下げられていますよね
骨だけではグラウディング(大地に立つ)不可能
そうなのです、筋肉が支えているからこそ反重力で立つことができるのです

 

大地を力強く足裏で押し当てる力は力強い体幹を生み出す
そして弾力のあるしなやかな筋肉は
骨格の位置を本来の位置に戻そうとしキープする

 

十分な呼吸と正確なアーサナ(ポーズ)は
弾力があり、しなやかで理想的な筋肉を作り出します
どのアーサナでも活躍している筋肉と伸びている筋肉、お休みしている筋肉が
同時進行で関わっています

 

さて、その使い方の実践開始!

 

12784808_763525313779380_1122658800_n

 

二人ペアになって、お互いのアーサナを観察
例えばキャットのポーズで背骨を動かしたとき
骨盤の位置は正しい位置で安定しているか
と・・・
お写真は一緒に参加させて頂いたヨガの華の先生方
はい、真剣そのもの(笑)

 

 

 

 

12788157_763525277112717_303025020_n

 
 
 
 

立位、斜めの動きとねじりの動き
グラウディングは力強いか、骨盤の位置は、
胸の開きと後屈の関係
ねじりながらの背骨の伸び方

 

 


12767285_763525297112715_1097047150_n

 

縦の伸びと前後の下半身
骨盤の左右差は?
しなやかな背骨の伸びと胸の開きは?

 
 
 
 
 
 
 

その他、いくつかのアーサナを解剖学の観点から分かりやすく解説をして頂きながらすすめていき
体で体感しながら、皆様納得のご様子!
体の使い方のコツの、ポイントだけでも少し頭にインプットしておくと
普段のレッスンで断然ポーズが取りやすくなり、楽しくなってきます♪
そして、正しいアーサナで痛みもすくなくなるはず・・・

 

ポーズが無理なくこなせるようになってきた!ということは
確実に体にプラスの成果が出ている、ということ
WSや普段のレッスンで何度も何度も繰り返しポーズを練習するうちに
ご自身の体のどこかが変わってきている事にふと気付く時が来ます

 

また、一番大切なことは、日常で生かすこと!
腰かけたとき、骨盤は立っているか
立っているとき、しっかりグラウディングしているか
安定した下半身から背骨はしなやかに伸びているか

 

日常で意識し生かすことは体を変える早道です
特別な時間より、日常のほうが圧倒的に時間は長い
レッスンで得た体感を日常にテイクアウトし体にインプットしましょう
やがて体は素直に反応し、素敵に蘇りますよ~(^^♪

 

12767453_763525220446056_799522749_n

 

そして、終了後の質問タイム!!
質問することがあるって、
理解しつつある証拠なんですよね(^_-)-☆

 
 
 

あっという間の2時間半・・・
「学」は人生を輝かせます☆
真央先生、ありがとうございました
また、お待ちしていまーす!

 

12781986_763525227112722_1316172324_n

 

 

※カラダにやさしいチョコレート完売しました!
入荷次第UP致します☆